肌の特性に合わせた紫外線対策

混合肌という言葉について聞いたことがあるでしょうか。
日本人に多い肌と言われており、そういう人は日焼け止めの使い方にも工夫しなくてはなりません。
ここでは混合肌と日焼け止めについて解説していきます。

そもそも混合肌とは何かというと、簡単に言えば乾燥肌や脂肌が混ざり合った状態を言います。
顔全体は乾燥しやすいのに、鼻などは脂が浮くなど、部位によって肌の状態が変わってくる人のことを混合肌と言うのです。

そんな混合肌だと、やはり部位ごとに性質が違ってくるため、ケアの方法も違ってきます。
もちろん、日焼け止めなどを使う場合も気を遣っていくことが必要となるでしょう。
そこはしっかりと考えて日焼け止め選びも行いたいところです。

紫外線対策や日焼け対策を考えているのなら、まずは自分の肌質に関しても知っておくことが重要です。
混合肌の方は、混合肌にも使える日焼け止めを選ぶなど、自分でしっかりと対処していくことが必要となります。

混合肌のための日焼け止め

日焼け止めの中には、混合肌にも使えるものが多いです。
もちろん、実際に混合肌に向けて開発されているものというのは少ないですが、近年は肌に優しい商品も多くなっていて、使い勝手が良いものもあります。

そういう商品から選んで使っていくと、しっかりと日焼け対策が可能となります。
もちろん紫外線対策に関しては日焼け止めも色々と出ているので、まずは自分の肌に合うものを見つけていくことが必要となるでしょう。
https://skinlaboratory.info/

You may also like