神経質すぎる日焼け止めの使用は不健康な肌をつくる

紫外線を絶対的な敵だと認識し、紫外線を完全にシャットアウトしようとするというのは、あまりにも神経質であると言わざるをえません。たとえば、洗濯物を干したり取り込んだりするときにも日焼け止めが必要だという意見がありますが、はっきりいってやりすぎです。日常生活において日焼け止めが必要なシチューションはほとんどありません。

洗濯物を干すときにも日焼け止めを塗らなければいけない、というような考えは、いささか「紫外線」に対して神経症的になっていると言わざるをえません。
そもそも、日常生活において日焼け止めというのはあまり必要なものではありません。

紫外線を完全に遮断することは健康を損ねる原因となる

外回りの営業なり、土木工事などの肉体労働などに従事しており、長時間にわたって、あるいは、10時から14時くらいまでの紫外線が強い時間帯に野外に身をさらさなければならない、ということでもない限り、日常生活で浴びることになる紫外線というのは「たかが知れている」ものです。
洗濯物を干すための数分ほどの時間で浴びることになる紫外線などは、むしろ、「一日の間に浴びたほうがよい量の紫外線」の範疇に含まれるものです。
「紫外線は敵」ということで目が曇っておりますと、「一日の間に浴びたほうがよい量の紫外線」ということを受け入れ難いかもしれませんが、人の体は15分から30分ほどの太陽光を浴びなければ不健康になるものなのです。

日焼けに対して神経質になることが最も不健康である

紫外線を浴びることで、体内ではビタミンDが生成されます。ビタミンDはカルシウム濃度を高めて骨粗鬆症を防いだり、がんに対する予防効果を持っています。
あまりにも神経質に紫外線を回避し、肌にとって有害な日焼け止めをつねに塗りたくるということは、あまり健全な選択であるとはいえません。また、日焼け止めを気にしすぎるストレスによって、肌の健康が損なわれるということもあわせて考えなければなりません。
「洗濯物を干すときには日焼け止めを使わず、一日に必要な紫外線を浴びる」というおおらかさから、日常生活における日焼け止めの使用を日焼け止め徹底比較おすすめの日焼け止めランキングなどを参考に見つめ直していくとよいでしょう。

You may also like